葬儀費用の内訳と安く抑えるこつ

葬儀を執り行うにあたっては色々な費用がかかり金額も大きいです。ここでは葬儀には一体いくらかかるのか、葬儀費用を抑えたい場合はどうすればいいのかといったことを見ていきます。

葬儀には3つの費用がかかる

住んでいる地域によっても差がありますが、葬儀費用総額の全国平均は200万円ほどになります。

葬儀費用総額とは「葬儀一式費用」、「飲食接待費」、「寺院関連費」の3つの費用からなります。かかる大体の金額も合わせて、それぞれの費用について詳しく見ていきましょう。

①葬儀一式費用

主に葬儀社が提示してくる金額が葬儀一式費用とされています。祭壇や生花、式場代といったように葬儀において必要不可欠である項目が含まれます。

全国平均では120万前後かかるとされ、総額の大半がこれにあたります。

②飲食接待費

葬儀参列者からもらう香典へのお礼や、通夜からかかる飲食代のことをいいます。飲食接待費はその参列者数によりかかる金額も変わってきますが、約30万円ほどが必要になります。

③寺院関連費

葬儀に呼ぶ僧侶へ支払う謝礼金のことをいいます。内訳としては読経料や戒名料、式場までの僧侶の交通費などがあります。

かかるお金は全国平均で50万円前後ですが、故人の宗派や依頼する寺院によって金額がかなりかわってくるのも特徴です。

葬儀費用を安くすませるには

①直葬にする

直葬とは故人が亡くなった後に通夜や葬式をせず、火葬のみ行うことをいいます。そのため僧侶へのお礼や飲食代もかからないので安くすませることが可能です。

直葬はおおよそ20万円でできるため葬儀費用を一番抑えられる方法といえます。

②一日葬にする

一日葬は通夜をせず、告別式のみ行います。なので通夜でかかる飲食代がいらない上、式場代が一日分必要ありません。

そのためトータルの金額は安くなり、平均金額は僧侶の謝礼を合わせて100万円前後ほどです。

③事前に葬儀社を決めておく

いざ葬儀が必要になった場合はあまり時間もなく、つい焦って葬儀社を決めてしまいがちです。なので事前に複数の葬儀社から相見積もりを取っておくことで無駄なオプションをつけずに納得のいく料金で契約することができます。

また見積もりを取る場合は予め予算を葬儀社側に伝えておくのも忘れてはいけません。

まとめ

実際葬儀費用は高額になると考えがちですが、中には安く抑えられる場合もあります。葬儀にも色々なスタイルがあるため、自分がしたい内容と照らし合わせながら決めることが大切です。

【関連】葬式の費用や葬儀社料金比較