ダイエットは適度な運動と食事

適度な運動

体のラインやそれまで着る事が出来ていた服が着れなくなった等、気づかない内にあっという間に体重は増えています。食事の摂りすぎや不規則な生活等が原因である事が多く、規則正しい生活や食事管理、適度な運動等で体重を減らす事は可能です。

この時に短期間で5kg・10kgといった体重を急激に減らそうはせず、少しずつ減量をして行く事が大切です 短期間で体重を減らそうとした際に「食事を1日1食サラダのみ」等といった極端に食事を減らす食事制限は必要な栄養補給をせずに生活をする事になる為、体に対して非常に良くない方法です。

精神的な部分にも悪影響を及ぼす為、食事制限によるダイエットは無理のない程度に行う必要があります 具体的な食事制限のダイエットとしては炭水化物を制限する「炭水化物ダイエット」は有効です。全く摂取しないというはよくないですが、3食の内、2食はこれらの食事を制限する等、段階的に食事の制限をしていく事で体に負担がかかりづらく、長く続けることが可能です。

食事制限に加えて、運動をする事で更に効率よく体重を落して行く事が可能ですが、運動をする場合にいきなり長距離のランニングといった激しい運動は長続きしにくいので、近くをウォーキングしていくといった軽めの運動からスタートすると体に負担がかかりにくく、長く続けやすいです。

体重が増えた状態で激しく動く事は膝や腰等に負担がかかり体を痛める事になる為、運動する時間や内容は無理なく少しずつ増やして行く事が良いです。ただし運動は1人で継続する事はモチベーションの維持が難しい為、スポーツジムや運動系のサークルに参加する方法もあります。

この場合では1人ではなく複数人で運動をする事になるので、同じ「ダイエット」という目標がある場合であれば互いに励ましながら・または軽く動いて気持ちよく汗を流したい場合であれば楽しみながら定期的に運動をする事が可能になります。体重は一度増えてしまうとなかなか落ちにくい厄介なものですが、一気に落すのではなく、継続的な運動や食事のコントロールで少しずつ落して行く事が理想です。
30代女性必見の暮らし情報~www.havenseniorliving.com~