若ハゲ急増問題を解決するためには育毛剤が欠かせない!?

薄毛対策 育毛剤
現在若年層の間で増え続けている「若ハゲ」は、もはや社会問題化しています。男性のみならず女性でもそれは同じで、前髪が不自然に後退した女優さんなど見るもアワレです。

そのような若ハゲ問題を解決するためには「育毛剤」の存在は欠かせません。

若ハゲの原因は生活習慣の乱れ?

インターネットが普及し1人に1台パソコンやスマホを持つ時代。24時間接続できるネット環境で、老若男女夜も眠らずに仕事あるいはゲームに明け暮れています。

そのような生活習慣が続く中では、体内時計はグチャグチャに乱れ、生活習慣どころの話ではありません。抜け毛はそのような悪化した生活の影響をモロに受けます。

生活そのものの欧米化にも関係があり、食生活の乱れ・喫煙・睡眠/運動不足・過度なヘアケア など、抜け毛の原因は様々なところから起こります。

「若年性脱毛症」の場合生活習慣の改善で治る可能性は高い

若ハゲを医学的な病状として表現した場合、「若年性脱毛症」と呼ばれ「AGA」の一種に分類されます。AGAというと、完治不可能なハゲの症状として有名ですが、まだ若年性の場合は多少の救いがあります。

早期発見をし、早期改善をすることで症状を食い止めることができるのです。その方法は、まず生活習慣を見直すこと。ファーストフードやインスタント食品などのジャンクフードを見直し、和食中心・野菜中心のヘルシーな食事をバランスよく摂り、全体的な生活スタイルを見直すことが重要です。

育毛剤は発毛剤ではないと認識すること

育毛剤を使うことで「若ハゲが治る!」「毛が生える!」という考えは捨てましょう。育毛剤はあくまでも頭皮の環境を整え毛が生えやすい環境を作ってあげる、いわば補佐的な役割です。

生活スタイルが規則正しく食事のバランスも良好で適度な運動も取り入れたストレスのない状況かつ頭皮の毛根への栄養がキチンと送られ毛周期が正常に働いている良好な環境を、さらに良くし毛の発育を促すための補助をする という重要な役割を担っているのです。

育毛剤を常習することで若ハゲは防げる?!

あくまでも正しい生活習慣あっての育毛剤ですので、悪しき習慣を繰り返している状態で育毛剤を使用しても何の意味もありません。

将来の自分の髪を守るためには早めの発見と早めの対策が重要です!

【関連】売れている育毛剤ランキング最新版