青汁飲みたいけど苦いのが苦手!そんな時に有効なアレンジ方法!

青汁 アレンジ
最近コンビニ食ばかりであまり野菜が食べられていない・・・そんな時に手軽に野菜、栄養を補給できるのが青汁です。ただ、青汁そのままだと苦くて味が苦手だという方は多いですよね。そんな時に試して欲しい青汁をアレンジした飲み方をお教えします。

青汁×レモン・グレープフルーツ

苦味がとにかく苦手だという方にオススメしたいのが、レモンやグレープフルーツといった柑橘系との組み合わせです。青汁一杯200ミリリットルに対してレモンなら半分、グレープフルーツなら4分の1程度を絞ると良いでしょう。果汁に含まれる酸味が苦味をうまく緩和してくれて飲みやすくなります。また栄養素的に見てもビタミンCをさらに追加できるので、肌トラブルに最近悩んでいるという方には特にオススメできるアレンジになります。

甘さも足したいという場合にはグレープフルーツジュース等を足すのもありですが、カロリーが高くなってしまうので出来るなら生の果物を使用することをオススメします。

青汁×緑茶

青汁と緑茶の組み合わせも飲みやすさの面でオススメできる組み合わせです。苦味は残りますがさっぱりした喉越しになります。緑茶を濃い目に使えば緑茶の感覚にかなり近くなるので、最初は自分好みになるように調整してみましょう。また、緑茶を温かい状態で使うと青臭さが強く出る場合があるので、匂いが苦手な方は冷茶を使うのがオススメです。

また緑茶青汁については市販品も多く出ていますので自分で作るのではなくそれらを購入して試してみるのもアリです。粉末タイプの緑茶青汁であればヨーグルトやアイスにかけて抹茶風味のデザートとして楽しむというちょっと変わった楽しみ方もできちゃいます。

慣れたら他の組み合わせも試してみましょう

青汁 組み合わせ
今回は青汁のアレンジ方法として2種類後紹介させていただきました。他にもミルクやスープなど実は色々なアレンジ方法で楽しむことができます。自分でも色々試してみて、飲みやすいベストな方法を是非考えてみてください!